講師の略歴

page-title_career-history

中野 裕隆 (68歳) 2018年3月6日現在

1949年10月13日  安平町早来で生まれる(1954年9月苫小牧市に移住)。
1968年3月 道立苫小牧東高等学校卒業                            
1972年3月 北海道大学工学部衛生工学科卒業                            
                            
1972年4月 京都市下水道局技術部鳥羽処理場第3課処理係                            
1975年4月 苫小牧市下水道部西町下水処理場水質検査係                            
1978年4月 〃     〃      計画課計画係                            
1981年4月 〃   〃      高砂下水処理場処理係長                            
1985年4月 〃      土木部都市計画課計画係長                            
1991年5月 〃      〃    都市計画課長                            
1999年5月 〃      企画調整部都市開発室長                            
2001年4月 〃      企画調整部長                            
2004年4月 苫小牧管理組合総務部長                            
2007年4月 苫小牧市副市長                            
2015年3月 〃      〃     退任
2016年6月 北海道大規模小売店舗立地審議会特別委員
技術士〔建設(都市計画)・上下水道(下水道)・衛生工学(水質管理)                            
環境(環境保全計画)・総合技術監理部門(建設、上下水道)・技術士補(水道)〕                            
一級建築士、一級土木施工管理技士、一級管工事施工管理技士、熱管理士、一般計量士(合格)                            
環境計量士、公害防止管理者(大気一種・水質一種・騒音・振動)、危険物取扱者(乙 四・甲種)                            
衛生管理者
読書(濫読)、ウォーキング
本商工会議所一級・全国珠算教育連盟一級(満点)〕、空手3段
① 京都市下水道局(1972~75年)
 鳥羽処理場(処理能力57万m3/日)の運転管理
 酸化池による下水処理実験、酸素エアレーションによる下水処理実験
 建設省土木研究所三次処理実験プラントの管理
② 苫小牧市下水道部(1975~85年)
 西町処理場・高砂処理場の運転管理、水質検査
 オキシデーション・ディッチによる下水処理実験
 我が国、最初で唯一となるノルド・ウィーツ型勇払処理場の設計・建設
 管渠・処理場・ポンプ場の設計・建設
③ 都市計画(1985~99年)
 線引き見直し(3回)と用途地域の全面見直し
 地区計画の指定、準防火地域の見直し(3分の1に縮小)
 特別工業地区の指定(全国の6%)、苫東地域の用途地域の緩和
 空港航路下の用途地域の変更、景観ガイドプランの策定
 都市計画道路の変更、高規格道路・空港道路の都市計画決定
 中央インターチェンジの検討、苫小牧港口横断橋の検討
 空港周辺土地利用計画の策定、中心商店街活性化計画の策定
 千歳川放水路計画に関する対応
④ 企画調整(1999~2004年)
 苫東計画の見直し
 新千歳空港滑走路延長の住民合意(3000mから3500m、のちに廃棄)
 国際熱核融合実証実験炉の誘致
 非核平和都市条例の制定
⑤ 苫小牧港管理組合(2004~07年)
 組織機構の見直し
 国際コンテナターミナルの移転
⑥ 副市長(2007~15年)
 担当 1期 企画調整部 財政部 環境衛生部 社会福祉部 交通部 市立病院
    2期 企画調整部 環境衛生部 経済部 交通部 都市建設部 上下水道部
 市営バスの民間移譲、ゴミ収集の民間委託、老人ホームの民間移譲、下水処理場の
 民間委託、サイクリングターミナルの廃止   市・総合計画の策定、市民自治条例の制定
 新千歳空港の早朝深夜便の枠拡大住民合意(6枠から30枠に拡大)
 ゴミ収集の有料化、廃プラ・古紙・古着・廃油などリサイクルの促進
 企業誘致、市立病院財政健全化
scroll-to-top