スペシャルコンテンツ

page-title_special-contents

インタビュー

相談役  河村 有泰 ‐Kawamura Naohiro-

chairperson-1
 私は、仕事と人生はイコールだと思っています。だから、仕事に確固たる意味や意義がないと、自分の人生にも意味がない。それは企業に置き換えても同じ。アリヤス設計という会社が、いかに社会や地域の役に立つかを考えながら、どう実績を伸ばしていくのか。私の思いは、そこに集約されると言っても過言ではないのです。この会社が自分たちの特徴を活かし、特化していくとすれば、それは橋梁の点検・保守・長寿命化に他なりません。現在、北海道には3万もの橋があります。これを5年という短い期間で耐久などの点検を行うのです。年間6,000橋もの数を、その安全性をかけ、万全の点検調査をしなくてはなりません。

 高度経済成長期やバブル期にかけられた、たくさんの橋。今や、その数多くが老朽化を迎えています。各地を結ぶ膨大な数の橋の安全性を確認し、寿命を伸ばしていくことが急務です。今も伸び続ける人間の平均寿命と同様に、橋梁の100年寿命を目指すこと。それが私たちに与えられた責務だとさえ思うのです。しかしこれは、国の指針で決められたルールにのっとり、点検・保守等を行うにしても、指定業者として指名されない限り、単なる競争などでは請け負えない業務でもあります。

chairperson-2
 日本の国力が衰えているなか、北海道の市町村には余力がありません。疲弊する地域に対し、私たちにできることは何か。アリヤス設計が指定業者として地域貢献できることは、一つ。ふるさと納税の企業版を利用し、その町が本当に必要としているものをピンポイントで提供するのです。農業の衰退や人口減少、そして高齢化。税収が少なく弱りつつある市町村へ、我が社が納めるべき税金を、ふるさと納税の形に変えて地域へ貢献させてもらうことは、とても有意義なことです。また、その地域の皆さんとの「信頼と絆」を結ぶことにもつながって、そこに前段に述べた「仕事をする意味」が生まれると思うのです。仕事を通し、自分の役目を活かすということ。「どうすればいい? 何が必要? どうやればいい?」。敏感に状況を捉え、常に頭と心を働かせ、その時に応じて強さとしなやかさを発揮できる会社であり続けたい。我が社のバイタリティが、地域の一助になるのであれば嬉しい限りです。
scroll-to-top